服飾専門学校選びで最低限抑えたい事

服飾専門学校はたくさんあります。その中からどこを選べばいいのか正直迷うでしょう。またファッション業界で活躍するために必ず学校を出ていなければいけないかというと、そういうわけでもありません。しかし独学で学ぶよりも断然学校を出たほうがいいです。その違いなども理解して学校選びをすると失敗なく選べます。

服飾専門学校を選ぶ際に何を最低限チェックして選べばいいのか迷ってしまいます。それぞれの学校にそれぞれの特徴があります。それを最低限抑える事はもちろんですが、それ以外のことで抑えておくべきことをここでは見ていきましょう。

■体験授業、オープンスクールについて

・内容を確認しておく

実際に行く、いかないは別にして体験授業やオープンスクールではどのような内容のことをしているのか把握しておきましょう。パンフレットなどに記載もあるはずですし、ホームページにも記載されているはずです。内容を見て興味が持てれば足を運ぶきっかけになります。

・参加できるなら行こう

参加できる人はぜひ参加しましょう。内容を知った上で興味を持つことができたなら、一度足を運んでみましょう。実際に学校の雰囲気を見る事にもつながりますし、学生がどのような形で学び、どんなレベルなのか知る事にもつながります。行くことで交通のアクセスが良いのかどうかも知る事になるでしょう。やはり通いやすいところでなければ通うのが大変です。また実際に行くことで設備が整っているかどうかなども知る事になります。

■資格取得はできるのか?

・資格取得について

ファッション業界で働くうえで資格取得は必須ではありませんが、資格取得をしたほうが就職に有利です。ですからどのような資格が取得できるのか知っておくと良いでしょう。

服飾専門学校を選ぶ方法が色々とある

ファッション業界で将来的に働きたいという人におすすめなのが、服飾専門学校です。服飾専門学校を出ればファッション業界で必ず活躍できるかといえばそうではありません。必ず出ればいいというわけではないのですが、出ていた方が専門的な知識を身につける事ができますので近道です。

服飾専門学校は学校が沢山ありますので、どの学校を選べばいいのか迷ってしまいます。迷わずに選ぶ方法として様々な選び方があります。その選び方をまずはしっかりと頭に入れて、自分に合った学校選びをする事ができるといいでしょう。

■何を基準に学校を選ぶのか

・将来の仕事を見て選ぶ方法

将来自分がなりたいと思っている職業から学校を選ぶという方法が一つにあります。せっかく学校に通ったのに、将来自分がなりたいと思っている職業につけないのは意味がありませんので、将来の仕事から学校を選びましょう。

・学びたい事から探す

何を学びたいのか、その学びたい事を教えてくれるかどうかを明確にした上で学校を選べば後悔する事なく選ぶ事ができるでしょう。

■イメージを膨らませて選ぶ

・パンフレットを取り寄せる

パンフレットをまずは取り寄せて様々な学校の特徴を知る事から始めるといいでしょう。また専門学校のホームページを見て特徴を抑えるのもいいですね。とにかくイメージがわかない事にはその学校が向いているのかどうかもわかりませんから、イメージを沸かせてみましょう。

■実際に行く

・実際に雰囲気を体感する

パンフレットを取り寄せたりホームページを見た後は、実際に行ってみて雰囲気、空気を体感してみてください。行ってみてもしかするとイメージ違いという事もありますので、イメージ違いを避けるためにも行ってみましょう。

制作の仕事、ファッションビジネスの仕事について

服飾専門学校と言っても様々な学校があります。それぞれに特徴がありますので、これから学校を選ぶ人は、それぞれの学校の特徴を理解したうえでどの学校に通うのか検討したほうがいいでしょう。コースや学科によってはなりたい職業の専門的なことを学べないこともあるので学校選びは注意しましょう。

服飾専門学校に通っている人のなりたい将来の夢は様々です。例えばどのような職業に就きたいと思っている人が多いのでしょうか。デザイナーやパタンナーなどの制作の仕事に就きたいという人もいれば、お客様にアドバイスをしたり販売する仕事に就きたいという人もいますから様々です。

■服を作る仕事をしたい人

・服を作る仕事とは?

服を作る仕事にはどのような仕事があるのでしょうか。様々な仕事がありますが、まずデザインをするのはデザイナーの仕事です。服だけではなくてトータルでデザインをする事もあります。そしてデザイナーが服をデザインしたら、次に制作にかかわるのはパタンナーです。パタンナーは型紙を起こします。そして製品を作って納品の確認まで行うのが主な仕事です。そしてテキストスタイルデザイナーという職業もあります。こちらは糸、色、生地といった服の素材を作るのが仕事です。そして最後がソーイングスタッフです。服のサンプルを作ったり、実際に服を作るにあたっての微調整をしたりする仕事です。

■ファッションビジネスの仕事

・ファッションビジネスの職業について

制作ではないファッションビジネスの仕事にはどのような仕事があるのでしょうか。例えばファッションプランナーという仕事があります。こちらはファッションショーをいかに演出するのか、その方法を考えたりします。ファッションコーディネーターの仕事もあります。季節ごとに、店の方針を考えたりするのが仕事です。

ファッション業界で活躍している職業について

ファッション業界で活躍したいから服飾専門学校へ行くという人も多いでしょう。ファッションに関わる仕事と言っても色々とあり、それぞれの知識や技術が違っていますので、服飾専門学校を選ぶ際に、自分がなりたい職業に就くことができるのかしっかりと検討する必要があります。

ファッション関係の仕事はデザイナーだけでなくパタンナー、バイヤー、販売員など様々な仕事があります。また人気のスタイリストの仕事、コーディネーターの仕事などもあります。特徴をここでは知っておくと良いでしょう。

■ファッション業界の仕事について

・ファッションスタイリスト

人気の職業です。ファッションはもちろん小物までトータルコーディネートしていきます。雑誌で活躍するモデルやタレントのファッションを選ぶのが仕事です。

・アパレルの店員

ショップで洋服を売るのが主な仕事です。販売の技術、接客や顧客管理、商品管理が必要です。

・アパレルのプレスの仕事

プレスの仕事はそのブランド、アパレルの商品、自社イメージをよくするためにいかに宣伝すればいいのかを考えるのが仕事です。

・マーチャンダイザー

あまり聞きなれないかもしれませんが、服を売る時にトータルでコーディネートする役割にあたります。

・バイヤー

バイヤーは買い付けに行くことになりますが、トレンドを抑えてどれが流行するかあらかじめ予測する力が必要です。

・コーディネーター、アドバイザー

それぞれの季節に合った服をコーディネートできる力が必要です。アドバイザーも服を選ぶ際にそれぞれの個人に合った服装選びをアドバイスしていきます。

■服飾専門学校のコースをチェック

・すべてを網羅しているところも

今紹介した職業すべてを網羅したコースもあれば、どれかの職業に特化しているコースもありますので、あらかじめチェックしておきましょう。

オープンスクールで得られる情報は貴重

服飾専門学校は全国にたくさんあります。どこの学校を出ても同じように自分がなりたいファッション業界の職業につける訳ではありません。何かに特化している学校もあれば、浅く広く教えているような学校もありますので、それぞれの特徴を知った上で選ぶ必要があります。色々な学校がありますので必ず特徴は理解しておきましょう。

服飾専門学校を選ぶ際の一つのきっかけとしてオープンキャンパスがあります。どこの学校も学園祭と同時開催していたり、別でオープンスクールをしていると思いますので、ぜひチェックしておきたいものですね。

■オープンスクールの日程を確認する

・パンフレットやホームページから

パンフレットやホームページを見れば、大半の学校でオープンスクールの日程を確認する事は可能です。学校の概要をパンフレット、ホームページから見て興味が出たら、実際に足を運んでみましょう。オープンスクールに行くことで学校の雰囲気も知る事ができますし、目で見て、足を運んで情報を取る事ができます。オープンキャンパスへ行くことは百聞は一見に如かずです。

・事前に気になることをあげておく

実際に何を見ればいいのか、当日学校へ行ってみるとあわててしまう事もあります。あわててみたいところを見れなかったという事にならないためにも、事前に何をチェックしておくのかメモしておくといいでしょう。興味がある事もメモしておくと、それが当日のチェックにつながります。

■先生、在校生と交流する

・機会がある場合も

先生や在校生と交流する機会を設けてくれているところもあります。その機会を逃さないように、質問したい事があれば聞き、そして何かわからないことがあれば話をする事ができるように事前に準備しておきましょう。