挫折しにくいゼニカルを使ったダイエット

ゼニカルだとダイエットに失敗することが少ない!?どうしてゼニカルで痩せることができるの? - ゼニカルはアメリカで認可されている肥満治療薬です

ゼニカルはアメリカで認可されている肥満治療薬です

今話題の肥満治療薬にゼニカルがあります。アメリカの著名製薬会社ロシュが開発した薬です。アメリカでは認可されていますが、日本の厚生労働省は認可していません。ではいったいどんな薬なのでしょうか。

アメリカで認可されている肥満治療薬です

ダイエットに興味がある人ならば一度はゼニカルの名前を耳にしたことがあるでしょう。それくらいネットなどでも検索しやすい薬の一つです。特にアメリカのFDA、薬の検査を担当しており世界的にも影響力の強い公的機関が承認しています。それだけで安心です。

もちろんアメリカは超肥満大国です。これを回避することが国家を上げての至上命題でもあります。そのために有効な薬であれば、国も認可を与えるでしょう。ゼニカルとは、そういう期待を背負った薬です。

オルリスタットの作用機序は

ゼニカルは商品名です。実際に効力を有する成分はオルリスタットです。基本的な作用機序は、脂肪分解酵素であるリパーゼの働きを阻害します。そのため摂取した脂肪分を人体が吸収できなくなります。単純な原理です。

ちなみにオルリスタットを使った薬は、グラクソスミスクライン社がAlli(アリまたはアライ)の名で販売しています。さらに成分名そのままのオルリスタット、もしくはビーファット、オベリットなどの名前でジェネリックが売られています。

日本でも認可されるかもしれません

日本の厚生労働省は2016年10月現在、ゼニカルを薬として承認していません。その理由として、日本はまだ肥満大国ではないし、安易にダイエット薬として乱用されることを避けたいからでしょう。

とはいえ将来的には認可されるかもしれません。つまり武田薬品工業がオルリスタットと似た作用を持つセチリスタットを使った肥満治療薬オブリーンの製造販売承認を得たからです。今後はゼニカルも汎用されるようになりそうです。

試してみましょう

肥満でお悩みの人であれば、一度試してみることをおすすめします。クリニックなどでも相談してみましょう。きっかけがあれば、あなたも痩せられるはずですから。

Copyright(C)2016 挫折しにくいゼニカルを使ったダイエット All Rights Reserved.